用度品管理システム

本部集中管理で営業店と倉庫業務を大幅軽減

用度品管理が抱えるの問題を解決

一般的な用度品管理は、用度品倉庫などで集中購買(調達)され、各営業店の請求により倉庫から出庫されます。
この流れには課題も多く、『請求業務の効率化』『調達業務の効率化』『在庫管理の効率化』『在庫過多による倉庫圧縮』などの様々な問題点があります。
eRIMS 用度品管理システムは、この課題となっている問題点を解決するだけではなく、『営業店の業務軽減』『ペーパーレス推進』などの更なる業務改善を支援いたします。

本部一元管理で大幅業務改善

各部門ごとで管理していた業務を本部の一元管理にすることで、用度品請求から受入れまで円滑に運営することが出来ます。
営業店ではWeb請求で誰でも簡単に用度品を手配することが出来るだけではなく、請求漏れや手配品間違えが削減できる事で業務改善を促進します。
本部では、営業店ごとの請求が簡単になり、在庫切れもアラーム機能で防止、複数の倉庫管理も可能など、用度品管理業務全体が大幅に改善されます。
また、Web請求等で印刷物も削減されるため、ペーパーレス促進にも繋がりコスト削減になります。

システム構成図

お気軽にお問合せ下さい

テイルウィンドシステムでは、ご導入の相談を無料で承っております。
貴社の課題を伺った上で、改善のご提案を差し上げます。まずはお気軽にご相談ください。