eRIMS美術品管理システム

貴重な美術品は今どこに?すぐに所在確認!棚卸も楽々!

ICタグ利用で箱から出さずに所在確認ができます。


箱の出し入れ回数が減ることで貴重な美術品をより丁寧に管理可能です。


<美術品管理システムの概念図> 

美術品保管庫と管理部門のイメージ画像

特徴1

ICタグを活用した棚卸 

美術品やケースにICタグを貼付することで、大切な美術品の所在確認がスムーズに。収蔵庫や保管庫では、タブレットに表示された美術品をRFIDリーダが音でお知らせします。棚卸作業が短時間で済み、業務の効率化が図れます。 

特徴2

履歴管理

展示履歴や貸出履歴の管理もしっかりできます。 

特徴3

減価償却など【eRIMS】シリーズとの連携

支店・部店ごとに集計が可能で、更には金融機関に特化した【eRIMS】資産・施設情報管理システムと連携させることで、美術品の減価償却(※1)・契約管理なども一元管理できます。

(※1)美術品の減価償却は平成27年1月1日以降に開始する事業年度より取得した非減価償却資産の対象が20万円以上から100万円以上に変更となりました。 

お気軽にお問合せ下さい

テイルウィンドシステムでは、ご導入の相談を無料で承っております。
貴社の課題を伺った上で、改善のご提案を差し上げます。まずはお気軽にご相談ください。