コロナ禍でも強い改善意欲・高い経費支払システムへの関心

コロナ感染対応に明け暮れながら令和3年を迎え、早2ヶ月が経ちます。
お客様各位においては、言わずもがなコロナ対応の中であっても企業活動の休止はなく、
業務改善の動きもまた留まっていないと想定します。

弊社は、金融機関の管理部門業務の効率化のためのパッケージを開発、ご提供しております。


 資産施設管理システム
 経費支払管理システム
 用度品管理システム
 メール便管理システム
 投資計画管理システム
 決算書システム
 美術品管理システム
 重要文書保管管理システム
 出資会員管理システム
これらの製品の中でも昨今の引き合いは「経費支払管理システム」に多くの関心をいただいております。
関心のポイントは、経費支払の実態を把握してコスト削減を促進したいという目的の他に、
支払業務を効率化すること、伝票をペーパレス化して業務を効率化すること、などを目的とするお客様もございます。
更に2023年度から始まるインボイス制度に備えたシステム準備を意識される引き合いもいただいております。

法改正やお客様のご要望にあったシステムをご提供できるように取り組んでおります。お気軽にお問合せいただければと存じます。

お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です